製菓衛生師という資格について、40代の元パティシエが考えてみた件

お菓子づくりに製菓衛生師の知識があれば、もっと楽しくなる!!

製菓衛生師養成施設について知っておくこと

製菓衛生師養成施設とは?

 国家資格である製菓衛生師を受験するためには、「製菓衛生師養成施設に1年以上製菓衛生師として必要な知識および技能を習得したもの」という条件があります。

 ※もう一つは、2年以上菓子製造業に従事することで受験資格が得られます。

 この受験資格を得るために取る一般的な方法は、都道府県知事が指定する製菓衛生師養成施設に入学し、そして卒業することです。

 製菓衛生師養成施設の養成課程は、昼間課程、夜間課程、通信課程の3種類があります。それぞれの課程により、修業年限や授業日程が異なります。

※カリキュラム等の詳細は、各養成施設に問い合わせましょう。

全国製菓衛生師養成施設の一覧(令和4年4月1日現在)はコチラ[66KB]

 

一般社団法人 全国製菓衛生師養成施設(全菓協)について

 1997年10月に設立、2009年に一般社団法人を取得している協会です。

 製菓衛生師法の目的に基づき、製菓衛生師養成施設の教育の向上を図るとともに、製菓衛生師の資質の向上に努められている教会です。

 この協会が発行している書籍は、以下のものがあります。試験対策の教材として非常に役立つものとなります。

 

製菓衛生師養成施設は、どんな学校なのか?

 主に専門学校として製菓、製パンの授業を展開しているほかに、短期大学や高等学校でも定められたカリキュラムをクリアしていれば、養成施設として指定されています。

 

 

seika-riron.hatenablog.com

seika-riron.hatenablog.com

seika-riron.hatenablog.com

www.amazon.co.jp

Amazon.co.jp: Prime Student - 学生のためのお得なプログラム

www.amazon.co.jp

Amazon.co.jp: プライム・ビデオ: Prime Video

「Kindle Unlimited」の登録はコチラ

デジタル登録のサインアップ